【サンプル】ニュースレター最新号

 

月報会員の皆様、ご無沙汰をしておりました。
村治奏一です。

僕が扱う“クラシックギター”という楽器は、
実に幅広いジャンルをカヴァーできるもので、
4月の「東博でバッハ」コンサートでの
バロック音楽と現代音楽中心のプログラムから一転、
ここ最近はクラシック音楽以外のフィールドで仕事をしております。
まるで通い慣れた本社を一時離れ、
短期海外研修をしているかのような気分です。

どんな仕事内容かといいますと、
今月上旬はJazzギター界の巨匠、渡辺香津美さんの
公演に参加させていただき、バッキングやインプロに挑みました。
精神的にも肉体的にも、クラシックの時とは求められるポイントが
540度くらい違っていて、普段ほとんど眠っている筋やスキルが覚醒しました。

 

 

*この文章は「村治奏一ニュースレター」で配信している内容の一部です。

*ニュースレターにご登録いただくと毎月1回、村治奏一からのメッセージのほか、最新の

 公演・イベント情報などをお届けいたします。

*配信をご希望の方はjiburogu+enrollment@gmail.comまで、お名前(ペンネーム可)と

 配信先のメールアドレスをお送りください。

Please reload

これまでの記事
Please reload

​アーカイブ
Please reload