じぶログ月報 平成28年皐月号

 

こんばんは、村治奏一です。

沖縄・奄美地方は梅雨入りして、

東京もここ最近は湿った天気が続いてますね。

夏へと着実に向かうこの頃の季節、

皆様はいかがお過ごしでしょうか。

 

今月はゴールデンウィーク中に、

東京で開かれたラ・フォルジュルネ2016に参加いたしました。

作曲家の藤倉大氏が“自然”をテーマに考える公演にて

《チャンス・モンスーン》と《エキノクス》を

演奏しました。

 

武満徹氏の《エキノクス》ではギターの2弦と6弦を半音ずつ下げ、

2弦の「b」が「b♭」に、

6弦の「e」が「e♭」になるとても変わった調弦を採用しています。

こうすると、左手を何も押さえずに6弦全てを鳴らすだけで、

“悪魔の音程”とも呼ばれる強力な不協音程が

二つも生じるのです。

 

武満氏の和音は元々非常に甘美だと思うのですが、

その上で更に変則調弦が使われる《エキノクス》という曲は

クラシックギターの深淵な美しさをえぐり出していて、

僕自身大変気に入っている作品です。

今後も様々な場所で演奏していけたらと思っています。

 

6月は東京渋谷区の松濤美術館にて、

同世代のギタリスト・大坪純平さんとデュオ公演を行います。

全編「ラテン」縛りのユニークなコンサート、

ぜひお見逃しなく!

 

また6月半ばにはいよいよ「ギタリストの饗宴」が

愛知県豊田市で行われます。

荘村清志、福田進一、鈴木大介、大萩康司という

日本クラシックギター界の先輩方と共に、

独奏から五重奏まで様々な形態でギターの響きをお楽しみいただきます。

同シリーズでも5人全員が揃うのは数年ぶり。

先輩方の中でもしっかり目立てるよう、

入念に準備いたします。

どうぞお楽しみに。

 

村治奏一

 


*この文章は「村治奏一ニュースレター」で配信している内容の一部です。

*ニュースレターにご登録いただくと毎月1回、村治奏一からのメッセージのほか、最新の

 公演・イベント情報などをお届けいたします。

*配信をご希望の方はjiburogu+enrollment@gmail.comまで、お名前(ペンネーム可)と

 配信先のメールアドレスをお送りください。

Please reload

これまでの記事
Please reload

​アーカイブ
Please reload