じぶログ月報 平成28年如月号

 

時折寒さが身にしみるような日もありますが、
着実に春の足音が近づいていますね。
うちの近所でもちらほら、梅の花が咲いているのを見かけます。
皆様はいかがお過ごしでしょうか。


僕の方は前回ニュースレターをお送りしてからの約1ヶ月間、
様々な場所で公演をさせていただきました。
バンドネオン三浦一馬くんとの共演や
武蔵村山でのソロ、またクローズドではありますが
横浜某ホテルでの演奏や都内の中学校での訪問公演など、
大変実り多き1ヶ月となりました!
また先日放送された『題名のない音楽会』では、
数年ぶりの五嶋龍さんとの共演や、
村治佳織との共演も皆様にお聴きいただくことができ
とても嬉しく思います。

 

さて、今後の公演予定ですが、3月は非常にユニークな公演が迫っております。
北海道南富良野市の、かなやま湖のほとり佇むログホテル「ラーチ」にて
ディナー付きコンサートを行います。
コース料理をご堪能いただいた後、クラシックギターの名曲を
じっくりとお聴きいただくプログラム。
最初はソロを、そして最後はあの『アランフェス協奏曲』を
ピアノ伴奏でお送りいたします。
オーケストラとの共演では描きにくい細部にまでこだわって、
丁寧に音を紡いでまいります。

 

4月27日には四谷紀尾井ホールにて行われる、
「3.11被災者のためのチャリティコンサート」に出演いたします。
5年前の3月11日、津波で失われてしまった岩手県大船渡市の障がい者作業所「かたつむり」、
その再建の一環としてこの公演は行われます。
村治佳織、バイオリニストの川久保賜紀さんと一緒に様々な音楽をお届けいたします。
ぜひ、会場で演奏聴いていただければ幸いです。

そして少し先にはなりますが、
5月にはラ・フォル・ジュルネに初参加いたします!
日本人としてはもちろん、世界の若手作曲家としても
最前線を行く作曲家藤倉大さんがプロデュースする公演
「音楽の冒険〜藤倉大が考える La Nature」にて、数曲演奏をいたします。
この公演でどんな音楽体験が出来るのか、
僕自身とても楽しみにしています。

 

春が近づき体も緩み、
冬の疲れが出やすいこの季節、
どうぞ皆様も体調には十分お気をつけてお過ごしくださいませ。


村治奏一

 

 

*この文章は「村治奏一ニュースレター」で配信している内容の一部です。

*ニュースレターにご登録いただくと毎月1回、村治奏一からのメッセージのほか、最新の

 公演・イベント情報などをお届けいたします。

*配信をご希望の方はjiburogu+enrollment@gmail.comまで、お名前(ペンネーム可)と

 配信先のメールアドレスをお送りください。

Please reload

これまでの記事
Please reload

​アーカイブ
Please reload